体育学科Department of Budo and Sport Studies

体育学部 体育学科 競技スポーツコース

競技スポーツコース 3つのポイント

  • 01
    専門競技の優れた
    プレーヤーを育成。

    五輪代表やプロ選手などを多数輩出した伝統を受け継ぎ、優れたプレーヤーを育成。一流選手を育てたノウハウやスポーツ科学を駆使し、フィジカル・メンタル両面にわたるトレーニング法を学びます。

  • 02
    競技スポーツの指導者に
    必要な知識を習得。

    一流選手を養成してきた実績を生かし、スポーツ指導の方法論や戦略・戦術の立案、分析の方法を学びます。自らの競技で得た実践的な経験も加え、スポーツ指導者としての能力を育てます。

  • 03
    スポーツ科学を学び、
    競技力の向上に生かす。

    スポーツパフォーマンスの向上に必要なスポーツ動作の解析法や栄養、身体のケアに関する知識を幅広く習得。自らの競技に生かすとともに、スポーツ指導者に求められる力を磨きます。

伊藤 星さん
STUDENT'S VOICE
伊藤 星さん 3年次生

パフォーマンス向上を目指して、心とスポーツの関係を研究。

女子ホッケー部でプレーに熱中する日々を送っています。競技スポーツコースでは、アスリートにとって重要な栄養学やトレーニング法、身体のケアなどを学び、自らのパフォーマンス向上につなげることができます。マッサージやテーピングの方法を教わるスポーツマッサージの授業は、さっそく役立っています。とくに印象的なのはスポーツ心理学の授業で、実体験と照らし合わせて試合や練習時のメンタル面を考察することで、多くの気づきを得ました。ゼミでも、心理状態がどのように競技のパフォーマンスに影響するのかを、実験や過去のデータ、先行論文をもとに研究しています。心理学の知見を深めるとともに、自らの競技に役立てたいですね。

スポーツトレーニング論

授業紹介スポーツトレーニング論

競技や教育面だけでなく、健康増進や教養といった側面からも必要性が増しているスポーツトレーニングについての幅広い知識を習得。運動・スポーツのスペシャリストとしての資質を磨きます。

スポーツ方法(水泳)

授業紹介スポーツ方法(水泳)

水泳の基本的技術を理解し、さまざまな泳法を実践的に習得。教員採用試験においても水泳の実技試験が実施されています。水泳の指導法についても体系的 に学び、指導者としての資質を高めます。

取得可能な
資格

  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 公認スポーツ指導者(受験科目一部免除)
  • 健康運動指導士(受験資格)
  • トレーニング指導者(受験資格)
  • スポーツプログラマー(受験資格)
  • JPSUスポーツトレーナー(受験資格)
  • 日本語教員
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員
  • 矯正・保護支援

体育学部 体育学科 スポーツ教育コース

スポーツ教育コース 3つのポイント

  • 01
    全国トップレベルを誇る
    教員養成の伝統と実績。

    関西初の体育専門学部として誕生した本学部。多くの保健体育科教員を輩出した実績に惹かれ、入学する学生も多数です。2017年度は73名が小学校・中学校・高等学校の教員採用試験に合格しました。

  • 02
    豊富な実践的授業を通じて、
    現場で生きる指導法を学ぶ。

    豊富な実践を含む、独自のカリキュラムが充実。保健体育科に必要な7領域の体育実技種目をはじめ、心身健康論やスポーツ栄養学などを幅広く学習。心身の望ましい発達を支える力を磨きます。

  • 03
    少人数制による熱心な指導や
    元教員による支援が充実。

    少人数制による丁寧で熱意あふれる指導は、本学部の伝統です。名選手を育てた教員も多数在籍しています。また、中学校・高校の元教員の卒業生が、希望する学生に教員採用試験の支援を行っています。

曽根 円希さん
STUDENT'S VOICE
曽根 円希さん 3年次生

体育の先生になる夢をかなえ、身体を動かす喜びを伝えたい。

夢は、中学校の体育科教員になること。誰もが積極的に参加できる授業を行って、体育が苦手な生徒にも体育の楽しさや仲間と身体を動かす喜びを伝えたいです。そのための学びが、天理大学には揃っています。実技も講義も、少人数教育で細やかな部分まで丁寧に教えていただけます。ゼミでは、小学校から高校までの体育の授業の実情を学んだり、教材や教具を考えたり、模擬授業でお互いのよかった点や課題を議論し合ったりしながら、よりよい授業づくりを学んでいます。教員を志望する仲間に恵まれ、意見交換や切磋琢磨の機会を通じて、視野が大きく広がりました。幼い頃から続けているバスケットボールも、より高みを目指して挑戦し続けるつもりです。

保健体育科指導法

授業紹介保健体育科指導法

保健体育科の教員を目指す学生が対象。学習指導案の作成、模擬授業および評価分析を一人ひとりが体験します。よりよい保健体育の授業の行い方を、実践を通じてきめ細やかに学びます。

スポーツ教育学

授業紹介スポーツ教育学

運動・スポーツと教育にまつわる諸問題について、さまざまな視点からアプローチ。運動・スポーツの効用と弊害を知り、学校教育、地域など多様な角度からスポーツ指導者の役割と課題を考察します。

取得可能な
資格

  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 公認スポーツ指導者(受験科目一部免除)
  • 健康運動指導士(受験資格)
  • トレーニング指導者(受験資格)
  • スポーツプログラマー(受験資格)
  • JPSUスポーツトレーナー(受験資格)
  • 日本語教員
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員
  • 矯正・保護支援

体育学部 体育学科 スポーツ文化コース

スポーツ文化コース 3つのポイント

  • 01
    スポーツを文化としてとらえ、
    "人生の喜び"を社会に提案。

    人の心を動かし、感動を呼び起こす、体育やスポーツ。スポーツを通して社会に貢献する可能性を探り、スポーツを文化としてとらえることで、その楽しみ方や感動を創造する力を育みます。

  • 02
    エンターテイメントや
    ビジネスとして
    スポーツの可能性を追求。

    身体を使った表現で感動を与えるダンスやレクリエーション活動にかかわる科目が充実。また、サッカーや野球観戦をエンターテインメントとしてプロデュースするスポーツビジネスについても学びます。

  • 03
    スポーツを通じて、
    感動や交流の場を創造。

    スポーツを介したイベントや国際交流に、授業や課外活動を通じて取り組むことができます。また、スポーツの感動を伝えるメディア分野やスポーツ振興を推進する政策分野など、進む道は無限です。

今西 睦さん
STUDENT'S VOICE
今西 睦さん 3年次生

スポーツを「する側」から「支える側」へ。
国際スポーツ交流実習にも参加。

ずっとスポーツを「する」側でしたが、ケガなどがきっかけで「支える」側に立ちたいと思うように。ゼミではスポーツマネジメントについて研究し、卒業論文に生かすためのアンケート調査などを行っています。2年次には、国際スポーツ交流実習に参加。ドイツのスポーツ事情や雰囲気を体感したことで、もっと多くのスポーツの現場を知りたいという意欲が芽生え、現在はさまざまなスポーツイベントのサポート活動に積極的に取り組んでいます。将来は、性別・年齢・経験の有無は関係なくスポーツが楽しめる場をつくり、スポーツの必要性を伝える仕事に就きたいです。2020年の東京オリンピックにも、「支える側」として携わるのが目標です。

野外レクリエーション論

授業紹介野外レクリエーション論

自然環境の中で行われる野外活動のプログラムや事業展開を取り上げ、レクリエーションの役割と意義を理解し、その教育的効果について学びます。また、将来指導者として必要な知識と技能を身につけます。

体育学演習

授業紹介体育学演習

文化としてのスポーツやスポーツ文化について、哲学・史学・人類学など多彩なアプローチで探究。文献講読、現場でのフィールドワーク、ディスカッションを通じて、これからのスポーツのあり方を探ります。

取得可能な
資格

  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 公認スポーツ指導者(受験科目一部免除)
  • 健康運動指導士(受験資格)
  • トレーニング指導者(受験資格)
  • スポーツプログラマー(受験資格)
  • JPSUスポーツトレーナー(受験資格)
  • 日本語教員
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員
  • 矯正・保護支援

体育学部 体育学科 健康スポーツコース

健康スポーツコース 3つのポイント

  • 01
    健康で生き生きとした
    人生を支えるスペシャリストに。

    スポーツや運動(身体活動)は、健康と深くかかわっています。本コースでは、身体理論や栄養学、医学、トレーニング理論、身体のケア、健康政策などを幅広く学び、人の健康を支える力を養います。

  • 02
    栄養・運動・休養、社会環境。
    多彩な観点から
    健康づくりを追究。

    栄養・運動・休養の3本柱を学ぶ科目で、現代人の健康づくりに必要な知識と実践力を習得。また、救急時の対応や健康をサポートする観点からの環境支援、障害者スポーツなども学習対象です。

  • 03
    健康に関する専門知識や
    技能を社会に幅広く発信。

    健康スポーツコースで学んだ知識を、専門家として役立てることが可能です。地域行政の場や体育施設、健康関連企業などで、子どもから老年期にいたるまで生涯にわたる健康増進に貢献できる力を養います。

長倉 孝輔さん
STUDENT'S VOICE
長倉 孝輔さん 3年次生

自分の身体と向き合い、理解していくプロセスが楽しい。

陸上競技部に所属しており、身体を動かすことが好きで、運動と栄養の関係について興味があったことから、健康スポーツコースを選びました。アスリートにとって、どうしたら強くなれるかは一番の関心事。自分の身体と向き合い、理論と実践で理解できる本学部の授業は、楽しくためになるものばかりです。現在は体力学のゼミに所属し、体力テストに基づいて体力要素を測定し、評価・分析する研究を行っています。体力測定の意義とそれを活用する方法を学んでいるところです。また、将来の選択肢を広げるため、教員免許の取得を目指しています。授業計画などを考えるのは、大変ではありますが、充実した時間です。

スポーツ医学

授業紹介スポーツ医学

運動生理学からスポーツ時の損傷の治療・リハビリテーション、生活習慣病に対する運動療法などを幅広く学習。熱中症、溺水、貧血、感染症、内科的疾患と運動療法についても知識を深めます。

体育学演習

授業紹介体育学演習

「体力学や運動生理学」に関する最近の研究論文を読み解き、卒業研究をまとめる力を段階的に身につけます。体格や筋力、筋持久力などを測定する方法やデータを処理・分析するスキルも習得します。

取得可能な
資格

  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 公認スポーツ指導者(受験科目一部免除)
  • 健康運動指導士(受験資格)
  • トレーニング指導者(受験資格)
  • スポーツプログラマー(受験資格)
  • JPSUスポーツトレーナー(受験資格)
  • 日本語教員
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員
  • 矯正・保護支援

体育学部 体育学科 武道コース

武道コース 3つのポイント

  • 01
    武道の精神を深く理解し、
    世界で活躍する実力を育成。

    武道は、日本が世界に誇る伝統文化です。本コースでは、単なる競技ではない本来の武道を追求する伝統を守り伝えています。武道の精神を深く理解し、国際交流に貢献できる人材を育みます。

  • 02
    日本屈指の名選手や指導者から
    武道の本質を学ぶ。

    五輪代表や全日本代表として活躍した選手やコーチが教員。勝負の本質や切れ味のある技を、直接学ぶことができます。また、運動の基礎理論や身体のケアなどについての知識も習得します。

  • 03
    武道の歴史や理論を理解し、
    正しい「形」を継承。

    武道の正しい「形」を学び、継承していくことを重視。「武道論」「武道史」などの専門科目によって知識や精神の向上をサポート。さらに実践的授業によって、武道全般の技能を高めます。

白川 剛章さん
STUDENT'S VOICE
白川 剛章さん 3年次生

武道の歴史や精神を学び、柔道の奥深さに開眼。

柔道部に所属し、日本一、そして世界を見すえて稽古に励んでいます。これまではただひたむきに柔道をやっていた私でしたが、天理大学で武道の歴史や精神を一から学んだことで、改めて武道の奥深い魅力に触れた想いです。また、オリンピックなどの世界大会を経験されたり、有名選手を指導されたりした先生方の実技や講義を受けられる環境は、アスリートにとって理想的です。さまざまなスポーツに挑戦でき、自分の得意、あるいは苦手なスポーツや身体の動きがわかってくるのもおもしろいです。現在は、体育教員になるための勉強を続けながら、企業の柔道部で技を磨く道も模索しています。

剣道特別実習

授業紹介剣道特別実習

技や「形」、指導能力や審判能力などを段階的な学びにより理解・習得し、剣道の選手、また指導者として活躍するために必要な資質を磨きます。

スポーツ方法(柔道)

授業紹介スポーツ方法(柔道)

柔道の起源と変遷および柔道の意義と修行の目的について理解を深め、柔道の基本である「受け身・姿勢・組み方・技の崩しと作りと掛け」を習得します。

取得可能な
資格

  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 公認スポーツ指導者(受験科目一部免除)
  • 健康運動指導士(受験資格)
  • トレーニング指導者(受験資格)
  • スポーツプログラマー(受験資格)
  • JPSUスポーツトレーナー(受験資格)
  • 日本語教員
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員
  • 矯正・保護支援

instagram

クイックアクセスQuick Access