「漢語橋」出場の藤本恵理子さんの壮行会兼公開レッスン

2018.06.28

ニュース

【中国語専攻】

7月3日から中国湖南省長沙市で開催される世界最大規模の世界大学生中国語コンテスト「漢語橋」に、西日本代表として出場する藤本恵理子さん(中国語4年・足羽)の壮行会兼公開レッスンが、6月27日、情報ライブラリー2階Uテラスで開催されました。

藤本さんは、5月20日に行われた西日本地区予選大会で特等賞(1位)に輝き、「漢語橋」世界大会の出場権を獲得しました。天理大学から「漢語橋」世界大会に出場する学生は、2年連続6人目となります。

公開レッスンに先立ち、中国語専攻の中川裕三教授が、漢語橋の概要説明などをスライドや動画で紹介。その後、藤本さんが世界大会で行う予定のスピーチとパフォーマンスを披露しました。

続いて、中国語専攻の学生から藤本さんに対して記念品が贈呈されました。藤本さんは、中国語の指導・サポートにあたった教職員や中国語専攻の学生に対して、お礼の言葉と世界大会への意気込みを伝えました。

なお世界大会は、世界各国の予選区から選出された100人以上が一堂に会し、7月3日から8月12日にかけて行われる予定です。


藤本さんコメント

「西日本地区の代表として出場しますが、天理大学の代表として出場する心構えでいます。世界一を目指して挑戦してきます。」


関連リンク

国際学部
中国語専攻

instagram

クイックアクセスQuick Access