天理大学で「柔道公開練習」開催

2019.09.19

ニュース

9月7日、天理市が主催する「天理トップアスリート地域貢献プロジェクト」の一環として、天理大学卒業生でリオ五輪金メダリストの大野将平選手監修による「柔道公開練習」が、天理大学協力の下、開催されました。

会場となった天理大学武道館には、2019世界柔道選手権東京大会で金メダルを獲得した、大野将平選手(体育学部2014年卒)と丸山城志郎選手(体育学部2016年卒)が参加するということもあり、予想を大幅に上回る200名以上の参加者が集まりました。

天理大学柔道部による乱取りなどの公開練習が行なわれた後、今回初めての試みとして柔道部の学生たちの企画運営による参加型のイベントも実施。柔道部員が 広い道場を使って、“鬼ごっこ”や“だるまさんがころんだ”などのゲームで子供たちを楽しませました。

また、イベント後半には、大野将平選手と丸山城志郎選手の2人も登場。柔道部員と共に参加者に対して、技のレクチャーを行うなど、地域市民と交流を深めました。

この「天理トップアスリート地域貢献プロジェクト」は、「天理のために何かできれば」という大野将平選手とラグビーの立川理道選手の声かけから始まった取り組みです。天理大学は、私立大学研究ブランディング事業の一環として、天理市が主催するこのプロジェクトに今後も協力していく予定です。
なお、今年度は柔道に続き、ラグビー・ホッケー・野球の公開練習の開催が予定されています。

instagram

クイックアクセスQuick Access