ラグビー部 開幕三連勝

2019.09.20

ニュース

関西大学ラグビーAリーグ三連覇中の王者、天理大学は、天理親里ラグビー場で、9月15日、2019関西大学ラグビーAリーグ第3節として、摂南大学と対戦しました。

試合は、開始2分、連続したラックから、PR谷口祐一郎(体育3、東海大付属仰星)選手が中央にトライ。CTB松永拓朗(体育3・大産大附)選手のゴールも成功し7対0と先制しました。

天理大学は、FW陣のトライだけではなく、BKがサイドを駆け上がってのトライや、ラインアウトからモールで押し込んでのトライなど、圧巻の攻撃で前半を59対0で折り返しました。

後半に入ると、摂南大学の攻撃を受ける時間が続き、後半18分、この日初めてのトライを摂南大学に許します。しかし、後半20分、シーズン初先発のSO藤田大輝(地域文化2、伏見工)選手が躍動。ゴール前のラックから右に展開しトライを奪いました。

この後、リズムを取り戻した天理大学は、最後まで攻め続け、結果、83対7で勝利を収め、関西大学ラグビーAリーグ三戦全勝としました。

小松節夫監督コメント

「摂南大学さんは強力なランナーがいるので、点の取り合いにならないようしっかりとディフェンスをして、失点を少なくしようという目標を持って臨みました。前半は点も取って点差も開いてうまく行きましたが、後半の序盤で点を取れなかったことで、20分くらいまでは向こうのペースでゲームが進んでしまいました。このあたりを隙なく、前後半通して得点を重ねていけるようなラグビーをしていきたいと思います。」

instagram

クイックアクセスQuick Access