元号ゆかりの書物たち(10月16日~10月28日)

2019.10.08

ニュース

令和元年、天皇陛下の御即位を記念して、天理大学附属天理図書館が所蔵する貴重資料の中から、元号の典拠となった資料、「明治(易経大全)」、「大正(易経大全)」、「昭和(書経大全)」、「平成(史記・書経大全)」、「令和(万葉集)」を、天理大学附属天理参考館にて公開いたします。

期間中は、元号の典拠となった資料に加え、「皇室典範」の草案も一般公開します。

開期= 令和元年10月16日(水)~10月28日(月)
会場= 天理大学附属 天理参考館 3階ロビー
主催= 天理大学
後援= 天理市教育委員会・NHK奈良放送局・奈良テレビ放送・奈良新聞社・天理教道友社・天理大学ふるさと会
開館時間= 9:30〜16:30 (入館は16:00 まで)
休館日= 期間中休館日なし
入館料= 大人 400円、 団体 300円、 小 ・ 中学生 200円(天理大学生は、学生証を提示すると無料で入館頂けます)

展示記念スタンプ= 元号の典拠となった資料から一文を抜き出した、5つの記念スタンプ(明治から令和まで)、 特製台紙を天理参考館に設置しています。

講演会「令和改元と新時代の教育:新制天理大学70周年によせて」

令和元年10月26日(土)
場所:天理大学 九号棟(ふるさと会館)
入場無料

13:05~14:05 『新時代における人文学と高等教育』講師 亀山 郁夫 氏(名古屋外国語大学長、前東京外国語大学学長)

14:15~15:15 『元号の出展と「令和」改元の意義』講師 所 功 氏(京都産業大学名誉教授、モラロジー研究所教授)

問い合わせ
〒632-8510 奈良県天理市杣之内町1050
TEL. 0743-63-9006(天理大学 広報・社会連携課)

instagram

クイックアクセスQuick Access