新型コロナウイルス対策における学修支援金の給付について

2020.05.11

ニュース重要なお知らせ

天理大学 学長 永尾教昭

天理大学では、新型コロナウイルス感染症対策のため5月7日から7月31日までの春学期に関しては、オンライン授業の実施を予定しております。学生の皆さんが本学に登学せず、自宅等においてスマートフォン等を利用して受講することができる環境を整えつつあります。
現在、教職員が検討を重ねて、オンライン授業であっても例年と変わらない学修内容を保った教育をおこなうべく準備を進めており、順次、授業開始に向けたご連絡を Campus Square や本学ホームページ等でお知らせさせていただいております。
2020年度春学期においては、学生ならびに保証人の皆さまには、学業のうえに様々な困難に直面されていることと存じます。本学では、学生の皆さんがスムーズに勉学に取り組むことができるよう、以下の対応を取ることといたします。

 

特別学修支援金の給付

 

オンライン授業を実施するうえに、ICTによる学修環境を整えていただくことを目的とし、正規の学部生及び大学院生に一人当たり一律3万円を給付いたします。(具体的な給付方法等については、追ってお知らせいたします)
この支援金の財源は、天理大学後援会及び教職員からの寄付等を中心に充てる予定です。

 

天理大学独自の奨学金による救済措置等

 

新型コロナウイルスの影響により家計が急変し、学費納入が困難な学生の救済を目的とした「天理大学銀行融資奨学金」等の制度を設けております。
また、従来の「日本学生支援機構奨学金」(貸与)のほか、国の高等教育修学支援新制度による授業料等免除・減額や奨学金の申請も可能となりました。
詳しくは、本学学生支援課までご相談ください。

天理大学 学生支援課(平日8:50~17:20)
電話:0743-63-8148 E-mail:gakusei※sta.tenri-u.ac.jp(※は@に置換してください)

天理大学の奨学金等について

 

学長メッセージ

 

この度の節(ふし)を、2025年に迎える創立百周年への試練とも受け止め、この節から、百周年に向けてたくましい芽を出したいと思います。
新型コロナウイルスの感染状況等が改善されるまで、オンラインによる授業によって例年と変わらない教育の質を維持するとともに、キャンパスの施設・設備等の維持管理にも万全を期す所存です。
学生の皆さんは、大変な苦境の中におられることと思います。私たち教職員は、力を合わせて皆さんを支えたいと思っています。
どうか、自分の命を守るため、大切な人の命を守るため、そして社会を守るため、今しばらく我慢をしましょう。
そして、コロナ禍が収束した折には、キャンパスが多くの笑顔であふれることを心より願っています。

instagram

クイックアクセスQuick Access