来校型のオープンキャンパス(入試相談会)を開催

2020.07.15

ニュース

7月12日、天理大学は来校型のオープンキャンパス(入試相談会)を開催しました。コロナ禍により、天理大学では3月と6月に予定していたオープンキャンパスをWEBオープンキャンパスに変更して実施しましたが、来校型のオープンキャンパスは今年初めての開催となりました。
今回のオープンキャンパスは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防のため、事前予約制とし、人数制限をしての開催となりましたが、天理大学入試情報サイト「STORIES」で7月6日に予約受付を開始したところ、入試相談会(48枠)とキャンパスツアー(40名)ともに2日間ほどで予約が全て埋まりました。

当日は、参加者やスタッフ全員にマスクの着用を義務づけるのはもちろんのこと、会場入口での手指消毒や非接触型の自動検温システムを利用した検温を求め、また相談ブースでは、相談者が入れ替わるごとに机や椅子の消毒をおこなうなど、感染予防対策を施したうえで開催しました。

入試相談会では、入試制度や学生生活のことなど、参加者からのさまざまな個別の質問に対して、入学課のスタッフが対応しました。
参加した天理高校(3年)の武田理子さんは、「ネットや大学案内だけでは知ることのできない具体的な大学での勉強内容を知ることができて、学科選択の参考になりました」と語りました。また、大阪夕陽丘学園高校(3年)の本田蓮さんは、「大学では韓国に留学をしたいと思っているので、留学制度について詳しく知ることができ、参加してよかったです」と感想を述べました。

キャンパスツアーでは、「AERA MOOK進学『大学ランキング2021』」(朝日新聞出版)の大学図書館ランキングの総合評価で1位を獲得した天理図書館や語学学習に使用されるCALL(Computer Assisted Language Learning)教室などを見学しました。参加者からは「国宝や重要文化財が多く所蔵された図書館など、天理大学の充実した学習環境を実際に見て、志望度が高まりました」という声が聞かれました。

なお、7月26日、8月2日にSundayオープンキャンパス(入試相談会)、8月22日に来校型のオープンキャンパス(事前予約制)を開催する予定です。

instagram

クイックアクセスQuick Access