関西大学ラグビーAリーグで5年連続12回目の優勝

2020.12.04

ニュース

関西大学ラグビーAリーグ(11月29日、京都・宝が池競技場)優勝決定戦で、同志社大学と対戦した天理大学は、54対21で勝利し、5年連続12度目の優勝を飾りました。

試合は、前半10分、素早いパスで前進した天理大が、WTBマナセ・ハビリ選手(国際1、高知中央)の倒れ込みながらのトライで5対0と先制します。
前半15分、パスを受けたPR谷口祐一郎選手(体育4、東海大学付属大阪仰星)が相手選手を交わし一気に前進。最後は、LO中鹿駿選手(体育4、光泉)がトライし、FB松永拓朗選手(体育3、大産大附属)もゴール成功させ、12対0と追加点を挙げます。

前半23分、HO佐藤康選手(体育3、天理)のトライ、さらに前半33分、中鹿選手が本日2つめのトライとFW陣がトライを重ねます。前半終了間近、同志社大のBKの果敢な攻撃を受けますが、堅守で守りきり26対0で、前半を折り返しました。

後半開始5分、SO藤田大輝選手(国際3、伏見工業)からロングパスを受けた佐藤康選手が、中鹿選手に続く本日2つめのトライを決め、33対0と追加点を挙げます。

その後、同志社大にトライされ、33対7となりますが、天理大のBK陣がパス、ランで相手のディフェンスラインを破って、次々とトライを奪います。同志社大も最後まで果敢に攻め、優勝決定戦に相応しい攻防が繰り広げられましたが、結果、54対21で試合終了。天理大は、関西大学ラグビーAリーグ全勝で、見事5連覇を決めました。

なお、天理大学は、第57回全国大学ラグビー選手権大会準々決勝(12月19日、大阪・花園ラグビー場)において、関東大学リーグ戦1部2位チームと関東大学対抗戦Aグループ5位チームの勝者と対戦する予定です。応援よろしくお願いいたします。


松岡 大和(国際4、甲南)主将コメント

相手の前に出てくるプレッシャーに対して、自分達からしっかり体を当てていくことを意識しながら練習してきたことが、前半はできていたと思います。
後半、自分達の形が崩れてしまい、相手に流れを持っていかれてしまったのは課題だと思います。試合を通してレベルアップできていると実感しています。
周りの方々のおかげで素晴らしい環境で練習・試合ができていると思いますので、日本一という結果を残して、応援していただいている方々に恩返ししたいと思います。

小松節夫監督コメント

前半はトライを決め、攻撃も凌ぐことができたが、後半終了間近では、同志社大にトライを奪われました。試合の中の経験を生かして、関西代表として準備していきたいと思いますので、応援の程、宜しくお願い致します。

2020関西大学ラグビーAリーグ 天理大学の戦績

第1節 天理大学 64- 0  摂南大学
第2節 天理大学 50- 0  近畿大学
第3節 天理大学 43-17 関西学院大学

instagram

クイックアクセスQuick Access