従来の宗教研究に加え、グローバルな視点から宗教文化を研究します。

おすすめのポイント

  • 少人数教育の強みを生かし、教員からの一方的な知識の提示ではなく、活発な質疑応答、討議を通して、世界の宗教を高度に理解し説明する力を養います。
  • 学生が提出した履修・研究計画をもとに、研究指導教員(専任教員)の中からアカデミック・アドバイザーを決定し、担当学生の修了時まで履修指導をはじめ、修士論文の計画段階から完成まで一貫した研究指導を行います。
  • 社会人を含む多様な人材を受け入れるため、勤務等の関係から2年間の標準修業年限では修了できない学生に対しては、長期履修学生制度を設け修業年限を3年とします。この制度を活用するには、入学時に3年間にわたる履修計画の指導を受け、受講科目と修士論文のスケジュールを決定します。修士論文の提出は3年目とします。

担当教員

宗教文化研究科宗教文化研究専攻(修士課程) 岡田正彦

岡田正彦
宗教文化研究科宗教文化研究専攻(修士課程)

>教員紹介

アンケートに答えてプレゼントをもらおう!大学案内の資料請求もこちらから アンケートに答えてプレゼントをもらおう!大学案内の資料請求もこちらから

instagram

クイックアクセスQuick Access