琴の音色に、“一目惚れ”。<br class='pc'>ロックから和楽器の世界へ。

THE STORIES #005

琴の音色に、“一目惚れ”。
ロックから和楽器の世界へ。

エリザベタ・ジュコブスカさん

「ずっとロック音楽をやってきて、日本に来てからも続けようと思っていました。

でも、ある日お琴の音色を聞く機会があって。」

エリザベタ・ジュコブスカさんは、ウクライナ出身。

母国でもバンドを結成し、ずっとロックに親しんできた彼女は、来日し天理大学に入学した後、邦楽部に入部。

バンドを続けようと思っていたジュコブスカさんを魅了したのは、日本の伝統的な和楽器でした。

「その瞬間、お琴の音色に“一目ぼれ”しました」

自らを「負けず嫌い」と話すジュコブスカさんは、あえて難しい曲にチャレンジ。練習を重ねながら、ステージでその曲を華麗に演奏することに成功しました。

また、国際色の強い邦楽部での様々な出身国の部員、先生との交流が日々自身の成長に影響を与えていると語ります。

そんなジュコブスカさんの夢は、音楽を仕事にすることだと言います。

「お琴を、ずっと弾き続けたい。日本の伝統的な音楽の魅力を、世界に広げたいんです」

ウクライナから日本、日本から世界へ。

ロックの世界を飛び出したジュコブスカさんの琴の旅は、まだ始まったばかりです。

琴の音色に、“一目惚れ”。
ロックから和楽器の世界へ。 ・ エリザベタ・ジュコブスカさん ・ 「ずっとロック音楽をやってきて、日本に来てからも続けようと思っていました。でも、ある日お琴の音色を聞く機会があって。」 ・ エリザベタ・ジュコブスカさんは、ウクライナ出身。母国でもバンドを結成し、ずっとロックに親しんできた彼女は、来日し天理大学に入学した後、邦楽部に入部。 ・ バンドを続けようと思っていたジュコブスカさんを魅了したのは、日本の伝統的な和楽器でした。 ・ 「その瞬間、お琴の音色に“一目ぼれ”しました」 ・ 自らを「負けず嫌い」と話すジュコブスカさんは、あえて難しい曲にチャレンジ。練習を重ねながら、ステージでその曲を華麗に演奏することに成功しました。 ・ また、国際色の強い邦楽部での様々な出身国の部員、先生との交流が日々自身の成長に影響を与えていると語ります。 ・ そんなジュコブスカさんの夢は、音楽を仕事にすることだと言います。 ・ 「お琴を、ずっと弾き続けたい。日本の伝統的な音楽の魅力を、世界に広げたいんです」 ・ ウクライナから日本、日本から世界へ。ロックの世界を飛び出したジュコブスカさんの琴の旅は、まだ始まったばかりです。 #自分を超えて未来を拓く #天理大学 #和楽器 #琴 #伝統音楽 #ウクライナ #STORIES #ロック #世界へ飛び出す #伝統を紡ぐ #和楽器 #天理大学邦楽部

天理大学さん(@tenri_university)がシェアした投稿 -

邦楽部

instagram

クイックアクセスQuick Access