ボールひとつで、<br>世界と繋がる。

THE STORIES #015

ボールひとつで、
世界と繋がる。

国際学部 地域文化学科

岩田 晴世さん

「諦めなければ、可能性は無限大だと考えるようになってから、チャレンジすることが多くなったと思います。

1%でもいいから、昨日の自分を超えることが大事だなって」

現在フランスに留学中の、国際学部岩田さん。

渡仏の目的は語学習得?と思いきや、彼女の場合は少し違っています。

「“競技ドッジボール”を欧州に広めたい。その想いから、渡仏を決めました」

岩田さんとドッジボールとの出会いは、小学校1年生の頃。高校では日本代表となり、当時から国内で普及運動を始めます。

しかし、岩田さんの将来の夢は、「ドッジボールの日本代表としてオリンピックに出場すること」。

国外での普及活動の必要性を痛感し、天理大学入学後、天理日仏文化協会への半年間の留学を決めることになります。

「私が理想とする留学のスタイルは、“自分の得意分野において、自分で計画できる、自由な留学”。

これが天理日仏文化協会への留学に、ぴったり合っていると感じて。それが一番大きな決め手になりました」

国籍を問わず“ボール一つで繋がれる”喜び。スポーツを“ことば”にして、誰かと分かり合う無限の可能性。

留学生活を通じ日々感じるのは、語学力が未熟でも自分の考えや気持ちを伝える大切さです。

「普及活動で出会った人との繋がりを大切にし、いつかは競技で対戦してみたい。

留学で学んだ語学や鍛えられたメンタルで、ドッジボールをより多くの人に広めていきたいです」

instagram

クイックアクセスQuick Access