夢の世界制覇は、<br class='pc'>きっと遠い未来じゃない。

THE STORIES #007

夢の世界制覇は、
きっと遠い未来じゃない。

国際学部 外国語学科

今井 新さん

「次の目標は、やっぱり世界チャンピオンです」

国際学部の今井さんは、なんと、競技ヨーヨーのアジアNO.1!

2017年6月下旬よりシンガポールで開催されたアジア太平洋ヨーヨー選手権の最難関とされる2A部門(Double-hand Looping)で初優勝。5部門のなかでも“CHAMPION of CHAMPIONS”に輝き、大会を制覇しました。

でもいったい、競技ヨーヨーって、どんなもの?

「競技ヨーヨーは、3分間好きな音楽を使って、自由に演技できる大会です。

最初はハイパーヨーヨーという玩具で、一人で練習していたのですが、同年代の上手な人や選手を通じて、“競技”の存在を知りました。

技や表現を通じて、個性の大切さを学んでいます」

モットーは、「新しいことに挑戦すること」。

今井さんにとって、初めての海外渡航となったアジア大会への出場は、競技だけではなく、自身の考え方を変え、成長させる充実した機会となったと言います。

「競技を通じ、様々な地域の人たちとの交流があります。

そこから多くの価値観を知り、学びたいと思っています」

次の目標は、世界チャンピオンだと話す今井さん。

さらなる進化を目指し、未知なる領域へ。夢の世界制覇は、きっと遠い未来じゃない。

夢の世界制覇は、きっと遠い未来じゃない。 ・ 「次の目標は、やっぱり世界チャンピオンです」国際学部の今井さんは、なんと、競技ヨーヨーのアジアNO.1! ・ 2017年6月下旬よりシンガポールで開催されたアジア太平洋ヨーヨー選手権の最難関とされる2A部門(Double-hand Looping)で初優勝。5部門のなかでも“CHAMPION of CHAMPIONS”に輝き、大会を制覇しました。 ・ でもいったい、競技ヨーヨーって、どんなもの? ・ 「競技ヨーヨーは、3分間好きな音楽を使って、自由に演技できる大会です。最初はハイパーヨーヨーという玩具で、一人で練習していたのですが、同年代の上手な人や選手を通じて、“競技”の存在を知りました。技や表現を通じて、個性の大切さを学んでいます」 ・ モットーは、「新しいことに挑戦すること」。 ・ 今井さんにとって、初めての海外渡航となったアジア大会への出場は、競技だけではなく、自身の考え方を変え、成長させる充実した機会となったと言います。 ・ 「競技を通じ、様々な地域の人たちとの交流があります。そこから多くの価値観を知り、学びたいと思っています」 ・ 次の目標は、世界チャンピオンだと話す今井さん。 ・ さらなる進化を目指し、未知なる領域へ。夢の世界制覇は、きっと遠い未来じゃない。 ・ #自分を超えて未来を拓く #天理大学 #ヨーヨーチャンピオン #世界一を目指す #個性を磨く#国際体験 #国際学部外国語学科英米語専攻 #競技ヨーヨー #STORIES

天理大学さん(@tenri_university)がシェアした投稿 -

instagram

クイックアクセスQuick Access