バレーボールの熟練者は、いつ・何を見てどのように動く?

THE STORIES #059

バレーボールの熟練者は、いつ・何を見てどのように動く?

体育学部体育学科・講師

梅﨑 さゆりさん

バレーボールの熟練者が「いつ・何を見てどのように動いているのか」を明らかにするための研究をしています。

実際の運動場面で、熟練者と非熟練者の視線や動きの違いを測定機器や分析ソフトを用いて分析しています。技能の習得には時間とエネルギーが必要ですが、熟練者の分析を行い、そのエッセンスを抽出することで、一人でも多くの競技者が効率的に上達するための一助になれたらと考えています。

研究は山登りのようなもの。その道中では大変なことの方が多いですが、成果が出た時には苦労した分だけの喜びがあります。人生も同じで、悩み、傷つき、落ち込んでも、コツコツと行動し続ければ、いつかは報われて努力が実を結ぶ日が来る。そう考えると研究は人生の縮図だと思います。

みなさんも自分の内側から湧いてくる「これをやってみたい」「こうなりたい」という感覚を大事にして、どんどん挑戦してください。できない理由で大事な想いに蓋をしないでほしいと思います。誰にでも可能性があります。JUST DO IT !!

■ 体育学部教員・研究者情報

体育学部体育学科・講師 梅﨑 さゆり

instagram

クイックアクセスQuick Access