硬式野球部 阪神大学野球リーグで秋季優勝

2019.10.23

ニュース

天理大学硬式野球部は、2019年度阪神大学野球秋季リーグ戦第7節2回戦(10月14日・大阪南港中央野球場)で、大阪体育大学に6対4で勝利し、秋季リーグ優勝に輝きました(硬式野球部の秋季リーグ優勝は3季ぶり19回目)

天理大学は、初回から2点リードを許す展開となりましたが、その裏すぐに先頭の森界登選手(地域文化2・出雲西)が中前打を放ち出塁。後続も繋ぎ2死満塁となり、大石航輝選手(体育3・大阪桐蔭)がリーグ新記録となるシーズン5本目で逆転、さらに、松永大輔選手(宗教3・大産大付)が適時打を放ち、5点を挙げました。

天理大学は2回表、大阪体育大学の反撃で2点を返されますが、その後、牛島選手からマウンドを託された松井石根選手(地域文化4・大産大付)が好リリーフでスコアボードに0を並べていき、5対4のまま、投手戦が続きました。

7回表、追い上げる大阪体育大学は、走者を積極的に動かしてきましたが、強肩捕手、石原貴規(体育4・創志学園)選手が、二度の盗塁阻止でチャンスを広げることを許さず、チームに勢いを持たせました。

その裏、栗原尚哉選手(地域文化3・倉敷商業)、石原選手の安打でチャンスを作った天理大学は、代打、馬場雄一選手(地域文化2・育英)が適時打を放ち、追加点を上げ6対4とリードを広げます。9回表、松井選手が最後の打者を三振に打ち取り、天理大学は秋季リーグ19回目の優勝に輝きました。

この優勝によって、天理大学硬式野球部は、「第50回明治神宮野球大会」への出場権(明治神宮大会には2校出場)をかけて、関西の5大学野球連盟の優勝校同士で争うトーナメント戦「第17回大阪市長杯争奪 関西地区大学野球選手権大会」(兼第50回明治神宮野球大会関西地区第1・第2代表決定戦)に出場します。

なお天理大学の初戦は10月26日(土)午後1時から、関西六大学野球リーグの大阪商業大学と対戦する予定です。(大阪市南港中央野球場)
※第50回明治神宮野球大会 11月15日~20日・明治神宮野球場

藤原監督コメント

捕手石原君の盗塁阻止が大きなプレイになり、流れを変えてくれた。
選手一人一人が成長してくれて、優勝することができた。
応援して頂いている方の期待に応えられるように関西地区大学野球選手権大会では、しがみつく気持ちで、戦っていきたい。

安岡将基主将のコメント

当日は、選手全員に緊張があったと思うが、試合前の練習から自分たちの野球をすれば絶対に勝てると声を掛けていた。先制点は、許してしまったが、円陣を組み一人一人の役割を確認しながら、次のイニング絶対逆転すると強い気持ちを常に持ち立ち向かうことができた。
関西地区大学野球選手権大会でも、1試合1試合全力で戦っていきますので、応援のほどよろしくお願いいたします。

instagram

クイックアクセスQuick Access