東京五輪・レスリング審判員の小池監督が
意気込みを語る

2021.06.28

ニュース

東京オリンピックの男女レスリング競技に審判員として参加する天理大学レスリング部監督・小池邦徳(天理教校学園高等学校体育教諭)さんが、6月10日、永尾学長のもとを訪れ、審判員として五輪の舞台に臨む意気込みを語りました。

1999年に天理大学体育学部体育学科スポーツ学コースに入学。卒業後は天理教校学園高校教諭として教壇に立つとともにレスリング選手としても活躍し、現役引退後は審判員へ転向しました。

26歳で国際審判員となり、国際審判員の中でも最高ランクの「1S級」の審判員として活躍し、2019年世界選手権では優秀審判に授与されるゴールデンホイッスル賞を受賞しました。東京五輪の審判員は「1S級」から約50人が選ばれその一人として選出されました。

また小池さんは、6月23日には、天理市を表敬訪問。並河市長との懇談の席で、「先入観を持たず、公平・公正に分かりやすいレフェリングをします」と、晴れの舞台である五輪で厳正なジャッジに努める意気込みを語りました。


関連リンク

レスリング部

体育学部

instagram

クイックアクセスQuick Access