体育学部|国際フォーラムに体育学部生が参加

2018.08.28

ニュース

8月19日から21日にかけて、韓国の江陵(カンヌン)市内のカトリック・カンドン大学(Catholic Kwandon University)で開催された国際フォーラム「The 7th Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport」に、天理大学体育学部の学生2人と稲葉慎太郎講師が参加しました。

このフォーラムは、スポーツ社会学系の若手研究者、大学院生、学部生(the Next Generation)の国際的な学術交流を促進し、研究・教育に寄与することを目的とし、2011年から開催されているもので、日本からは、天理大学を始め、神戸大学、兵庫県立大学、流通科学大学、和歌山大学、大阪経済法科大学、総勢37名(うち、学部生27名)が参加しました。

天理大学からは稲葉慎太郎講師が口頭発表1題、学部生の東口健さん(体育4・生駒)、今村鴻介さん(体育4・愛知)が、ポスター発表1題を行いました。

発表内容は、今年の2月に沖縄で行った、プロ野球キャンプ見学者の“みる”立場からの評価と再訪意図に関する調査データをもとにしたものであり、稲葉講師は統計を用いた仮説モデルの検証、学部生は単純集計をもとにした現場への提言を行いました。

またフォーラムの最終日には、平昌オリンピックの会場(スケート、カーリング等の氷上競技のほとんどが江陵市内にて実施)の見学ツアーが行われ、オリンピックのカーリング会場でカーリングの体験教室に参加するなど、学生にとって貴重な体験となりました。

カーリング体験教室
カーリング体験教室

コメント 稲葉慎太郎講師

学部生は5月の連休明けから、発表抄録、ポスター、発表原稿の作成に地道に取り組んできた。初めての学会発表を、しかも英語で行うということで、手探りで試行錯誤を繰り返してきたと思うが、素晴らしい発表が出来ていたと思う。また、日韓の他大学の先生方からも、発表内容・発表のスピーチ共に高い評価をいただくことができた。


関連リンク

稲葉慎太郎講師
体育学部

instagram

クイックアクセスQuick Access