第54回全国学生スペイン語弁論・プレゼン大会 弁論の部で天理大学生が1位を獲得

2018.12.12

ニュース

12月1日、京都外国語大学にて第54回全国学生スペイン語弁論・プレゼン大会が開催され、弁論の部で天理大学国際学部外国語学科スペイン語・ブラジルポルトガル語専攻の加納光城(4年生・東邦)さんが「今こそ人とのつながりを取り戻すべき時ではないのか─キューバが気づかせてくれたこと─」の演題で出場し、見事、1位に輝きました。

弁論の部では本学をはじめとする全国11の大学から15名が参加し、ほとんどの学生が海外研修や留学を経験していたことから、非常にレベルの高い大会となりました。

登壇した加納さんは、高度に発達した現在のIT化社会が、もしかすると日本人の心を蝕んできているのではないかと問題提起をしたあとで、メキシコ留学中に渡航したキューバでの体験に基づいて、時にユーモアも交えながら持論を展開しました。

加納さんの弁論に対して、駐日スペイン大使をはじめとする審査員から、スピーチの内容、表現力、暗記、発音などの審査項目すべてにおいて高い評価を受け、見事1位に輝きました。

また、朗読部門・大学生の部では、有本潮音(1年・天理教校学園)さんが2位を、石井悠勢(1年・五條)さんと西村登士紀(1年・京都廣学館)さんが3位をそれぞれ獲得しました。
なお、スピーチ部門1位の門脇さんは、その後の音源審査を経て、来年1月13日(日)東京飯田橋の日中友好会館で行われる全国大会決勝に奈良県代表として出場することが決定しました。
さらに、同大会朗読部門・高校生の部で1位から3位を獲得した天理教校学園高校の生徒たちを、同校卒業生の門脇さんや有本さんらが指導し、後輩たちの受賞を支えました。

また、11月24日に同大学で開催された第36回全日本学生ポルトガル語弁論大会で本学のスペイン語・ブラジルポルトガル語専攻の山本なお(1年生・天理教校学園)さんが、駐大阪ポルトガル名誉領事賞を受賞しました。

加納さんのコメント
大会までの準備時間が足りず何度も出場を諦めかけましたが、野口先生やロペス先生をはじめ、最後まで励ましご指導くださった専攻の先生方、そしてさまざまなサポートをしてくれた仲間のお陰で、1位という想像さえしなかった素晴らしい賞を頂くことができました。
専攻の充実した学習環境と家族のような温かい雰囲気にも支えていただいたと思っています。応援してくださった方々にこの場をお借りして心から感謝の気持ちを伝えたいと思います。温かいご支援本当にありがとうございました。

instagram

クイックアクセスQuick Access